労働保険(労災保険-雇用保険) 新規加入手続の流れ

労働保険は、農林漁業、建設業以外の業種であれば、まず管轄の労働基準監督署で労働保険全体の加入手続きと保険料の申告をし、労働保険番号の交付を受けた後、管轄の公共職業安定所で雇用保険の加入手続きを行います。



労働保険の加入(労働保険、保険関係成立届)


  • 提出先=所轄労働基準監督署
  • 添付書類=法人登記簿謄本(個人事業の場合には住民票・事業所の賃貸借契約書
  • 提出期限=保険関係の成立した日の翌日から起算して10日以内



概算保険料申告書


  • 提出先=所轄労働基準監督署 or 所轄都道府県労働局 or 日本銀行(代理店、歳入代理店(全国の銀行・信用金庫の本店又は支店、郵便局)でも可)
  • 提出期限=保険関係の成立した日の翌日から起算して50日以内(一般的には「保険関係成立届」と同時に「概算保険料申告書」を提出し概算保険料の納付は保険関係の成立した日の翌日から起算して50日以内に納付します)



雇用保険の加入(雇用保険適用事業所設置届、雇用保険被保険者資格取得届)


  • 提出先=所轄公共職業安定所
  • 添付書類=監督署の受理印のある労災保険関係成立届の事業主控、会社の登記簿謄本(個人企業の場合は住民票)、賃貸の場合は賃貸借契約書の写し、営業許可証(許認可が必要な事業の場合)、賃金台帳、出勤簿又はタイムカード、労働契約書、労働者名簿
  • 提出期限=従業員を雇った日の翌日から10日以内

※ 雇用保険被保険者資格取得届は法律上、「資格取得の事実があった日の翌月10日まで」となっていますが、上記の「設置届」を提出するということは、1人以上雇用保険に加入する労働者がいることになりますので、実務上は「雇用保険適用事業所設置届」と同時に提出することになります。








雇用保険加入を代行。お気軽にご相談ください。

雇用保険加入の流れ   お客様の声



社会保険労務士、行政書士への無料相談   雇用保険加入のお申し込み




雇用保険加入のお申込み

社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 雇用保険加入を外注したい。
  • 助成金の相談もしたい。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士からの推薦




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

行政書士の会社設立、社会保険労務士の助成金、労働保険加入、雇用保険、社会保険加入にも対応




雇用保険加入のお申し込み

社会保険労務士、行政書士業務のお申込

申請・変更の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。



雇用保険加入のご相談

行政書士、社会保険労務士へのご相談

申請・変更に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




雇用保険加入の業務対応地域ご案内

対面しての雇用保険加入業務は札幌市、北海道内に対応( 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市 旭川市 帯広市 釧路市 函館市など)、当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。


社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ