「短期雇用特例被保険者」タグの記事一覧

短期雇用特例被保険者とは

雇用保険に加入できる方は、下記の2つの要件を満たす必要があります。

  • 1週間で20時間以上働いている
  • 31日以上雇用されることが予定されている


ただし、基本手当(失業保険)をもらうことができるのは、退職前の2年間で被保険者期間が12ヶ月以上なくてはいけません。
31日以上働く方であっても、雇用期間が6ヶ月であれば、雇用保険に加入して雇用保険料を納めても、基本手当をもらえないことになります。

要件を満たした以上、雇用保険に加入しなくてはいけないのに、基本手当はもらえない・・・・それではかわいそうですよね。

ということで、「短期雇用特例被保険者」という制度があります。



短期雇用特例被保険者とは


短期雇用特例被保険者には、2種類あります。

(1)季節的に雇用される方

以下の2つの要件を満たしている方です。
  • 雇用期間が4ヶ月以上
  • 労働時間が週30時間以上


季節的に雇用される、というのは、分かりやすく言えばスキー場や海の家で働く方とか、冬の間だけ出稼ぎをする方、などを言います。


(2)短期間の雇用に就くことを状態としている方

以下の2つの要件を満たしている方です。
  • 1年未満の雇用契約を繰り返している(異なる会社)
  • これからも1年未満の雇用契約を繰り返す予定


長く雇用されることを目指して入社しているのに転職を繰り返している、という場合は含まれません。
リゾート地を転々としている方や、短期雇用を前提で繰り返している方などです。



短期雇用特例被保険者になるには


短期雇用特例被保険者になるには、会社が雇用保険被保険者資格取得届をハローワークに提出します。
資格取得届には、「12.雇用形態」という欄があります。
通常は「7その他」(正社員はその他です)、「3.パートタイム」になりますが、ここで「5.季節的雇用」を選択します。

ハローワークで、短期特例被保険者の要件に該当することを証明するよう求められることがあります。

地方都市には、出稼労働者手帳を発行する市町村があります。


その市に住民票を残したまま出稼ぎに行く方に、証明書となる手帳を交付してくれます。出稼労働者手帳を持っている方を雇った場合は、資格取得届を提出する際にこの手帳も提示するといいでしょう。ただ、季節的雇用の証明にはなりますが、雇用期間や1週間の労働時間については雇用契約書等が必要となります。


なお、雇用した当初は短期雇用特例被保険者の要件を満たしていても、そのまま1年以上働き続けた場合、1年を超えた日から通常の雇用保険被保険者となります。



特例一時金をもらう


短期雇用特例被保険者の雇用期間が満了し、地元に戻ると、基本手当ではなく「特例一時金」が支給されます。特例一時金は、短期雇用特例被保険者が失業した時に、一時金としてもらえる手当です。

短期雇用特例被保険者として、退職前に6ヶ月以上働いている必要があります。この場合、1ヶ月に11日以上働いていることが必要ですから、10日未満しか働いていない月は除いて数えてください。

特例一時金として支給される金額は、基本手当の日額の30日分(当分の間は40日分)です。



基本手当の日額というのは、離職した日の直前6か月に支払われた賃金から算出した金額です。退職の際にハローワークからもらう雇用保険受給資格者証に記載されています。

なお、離職の日の翌日から起算して6ヶ月までに支給申請しなくてはいけません。

また、地元のハローワークで失業認定をしてもらってから、支給申請できる期間の終了までが30日(当分の間は40日)ない場合には、認定日から期間満了日までの日数分しかもらえません。

早めに支給申請するよう伝えてあげるといいでしょう。






雇用保険加入を代行。お気軽にご相談ください。

雇用保険加入の流れ   お客様の声



社会保険労務士、行政書士への無料相談   雇用保険加入のお申し込み




雇用保険加入のお申込み

社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 雇用保険加入を外注したい。
  • 助成金の相談もしたい。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士からの推薦




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

行政書士の会社設立、社会保険労務士の助成金、労働保険加入、雇用保険、社会保険加入にも対応




雇用保険加入のお申し込み

社会保険労務士、行政書士業務のお申込

申請・変更の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。



雇用保険加入のご相談

行政書士、社会保険労務士へのご相談

申請・変更に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




雇用保険加入の業務対応地域ご案内

対面しての雇用保険加入業務は札幌市、北海道内に対応( 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市 旭川市 帯広市 釧路市 函館市など)、当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。


社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み



サブコンテンツ

このページの先頭へ